>
>
>
>
OS-1

STOP!脱水

2020年5月掲載

 

5月になりだんだんと暑く感じることが多く、日差しも強くなってきました。

本格的に夏服や夏用家電の準備を始めたいですね。

 

夏になると心配になるのが熱中症です。

気象庁のデータによると2019年5月~10月の間で、最高気温が30度以上になった日が岡山市では75日あったそうです。

暑さとうまく付き合いながら、日常を過ごす方法を考えていく必要がありそうですね。

 

熱中症対策として、今月は『OS-1』をご紹介したいと思います。

 熱中症は高温環境下で起こる、

①体内の水分や電解質(ナトリウムやカリウム)の欠乏

②高体温そのものによる臓器障害 の総称です。

 

熱中症発生要因としては、

〇気温が高い、湿度が高い、風が弱い

〇運動による体内での熱産生

〇体調不良(脱水・発熱)

〇心機能・腎機能の低下

〇暑い環境に対し、体が順応していない

〇通気性や吸収性が悪い服装

などが考えられます。

 

めまい、立ちくらみなどの症状がある場合は、涼しい場所に移動し、水分・塩分(経口補水液)を補給しましょう。

安静にして体を冷やすことも大切です。

頭ががんがんしたり、吐き気を伴い、安静にしても症状が改善しないときには、すぐに病院に行きましょう。

暑熱環境下では、大量の汗が出て水分と塩分が失われます。

体にとって大切な水・・・

脱水により失った水分と塩分を補給するために、電解質と糖質の配合バランスを考慮した経口補水液『OS-1』は適しています。

 

※お問い合わせ

就実大学薬学部附属薬局

岡山市北区田益1291-1

TEL:086‐294-9100 FAX:086-294-9181